読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣き言 in ライトノベル

ライトノベルの感想を真面目に不真面目に書きなぐるサイト

今月もまた世界はライトノベルで満ちている(九月編)

とはいえ、そこまで読んだわけじゃないですけどね。

・いつかの空、君との魔法

ああ、こういう後悔しつつも、償いようがなくて、自分の過ちをまざまざと見せつけられてしまう関係性はとてもとても好きですね。ちょっと鬱屈して屈折してしまった少年が三流などと蔑まれながら、それでも色物として職務をこなしていく様とか、それをまったく好ましく思わない正妻とか。

どんより曇った空を晴らせる、魔法使いの踊りとか。

そういうロマンティックな塊でありながらも魔法と魔術に分かれているとかいう設定的な懐の深さも見せてくれる辺り、本当に期待しかない。

 

・さよなら、サイキック 1.恋と重力のロンド

そしてまたもや異能(超能力)だぜ。こういう恋愛を中心に何かを絡めていくのは本当に好きです大好きです。結婚して欲しい。

ああ、ちなみにみなさんはどちら派でしょうか。ボクはもう断然、○○○○派なのでロンド派の人はかかってきてください。それにしてもこれってかなり残酷な未来しか見えなかったりするんですが、どういうことなんでしょうね?

 

・りゅうおうのおしごと!4

イカちゃん可愛い。あれ、イカちゃん可愛い。うん、イカちゃん可愛い。というわけで四巻です。神様との対決とか非常に手に汗握る展開だったと思いますし、弟子たちの頑張りもよかったと思います。通報しました。

というか、あの挿絵天衣ちゃんの方がページに境目で切れてるの本当に許さない感が強い。そしてさりげなく背中に手を回しているあいの嫁力の高さ。

そして姉弟子の可愛いこと可愛いこと。以心伝心ぶりがやばいな。そして次回は過去最高のクライマックスになりそうだぜ……

 

・弱キャラ友崎くんLv.2

ああ、こういう青春とか大好きですよ。

大好きなはずの親友が、どういうわけか嫌いになってしまうの。ああ、辛いなあ辛いなあって感じだ。大好物です。どうしても嫌いになれないはずの親友を嫌いになってしまったら、それは自分が悪いことになる。そういう思考に落ちるのは悲しいことだけどやっぱり青春の一部だよね!

ところでまったく友崎くんのことを書いていないけど、彼もとってもよく頑張ってましたよ?

 

・やがて恋するヴィヴィ・レイン

辛い。辛すぎる。

いつか書いたけど、犬村小六という時点でもうもう、幸せな未来が見えない。目に見える断絶と目に見えない断絶を犬村小六が作り出している。設定的に幸せになれない未来と幼馴染……どうやったら幸せになれるんだ?

流石あだち充と双璧をなすとまで言われた幼馴染使い(幸せにするとは言っていない)とはいえ、誓約で見せたゴリ押し大団円をまた見せてくれるんじゃないかと願いつつ、これからのことを楽しみにしていきたいと思います。(貧民からの成り上がりって最高にロマンティズムに溢れているよね)

ノシ