読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣き言 in ライトノベル

ライトノベルの感想を真面目に不真面目に書きなぐるサイト

新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙Ⅱ

狼と打とうとして女将と売ってしまった、反省。

というわけで本編の方を全く知らないままの二巻ですが、流石に面白いなあと思う。本当にうまい作家というのは一文で読者を説き伏せることができると思うので、その点支倉凍砂は強い。ついでに杉井光も強い。こう、何というか貴族のお姫様的な流麗さとかそういう感じがする、作家の人格含めて。

とはいえ、結局のところ、そういうところは切り離しているし、切り離すべきだけど、ひとつだけ間違いなく言えることがある。定期的に物語を出さないのはアウト。それだけははっきりしている。お前のことだよ、杉井光

……なんで狼と香辛料で彼の名前を出しているかは不明だが、まあ、色々と面白かったとだけ端的に伝わればよい。素晴らしい。

ノシ