読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣き言 in ライトノベル

ライトノベルの感想を真面目に不真面目に書きなぐるサイト

デート・ア・バレット

これはやられた!

というわけでエンプティと時崎狂三ちゃんのドキドキワクワクの準精霊たちとの戦争! な展開です。ああ、やっぱりこの子はいいなと思うわけでして、何というか、人数が増えていく事に描写が薄くなって陳腐化していくヒロイン達が、うん、ちょっとまあ、何というか可哀想。悲しい。宿命だけど。

ぶっちゃけ、本編とは全く関わりがないと言っても過言ではないので純粋に楽しめた。本編の方は、あれだ、マンネリ。

さりとて狂三ちゃんの可愛さは全然錆びつかないので、最高という評価をつけるに値するな。狂三ちゃんとかいう闇面見せても光面見せても可愛いヒロイン、最強である。

ノシ