読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣き言 in ライトノベル

ライトノベルの感想を真面目に不真面目に書きなぐるサイト

おはよう、愚か者。おやすみ、ボクの世界

電撃文庫 読書感想

いやー相変わらずの後味の悪さだった。

それでも前作に比べて特大の感動がないのは、前作と同じ構造をしているからなんだろうなあ、と思ったり。要するに複雑な脅迫関係メインテーマに敷かれる主人公は道化に過ぎない。

いやーこういうのって徹頭徹尾読者を同情させるための手段であるけど、いや、この人の作品って本当に救いようがない。ひたすら胸糞悪い展開ばかり続いて、前作みたいに救いになってくれる人がいない分、劣化しているまである。こんなの皆自分で納得して、それを押しつけられた人は苦しむしかない。

読者としては同情するしかなくて、本当にその救いのなさに振り上げた拳を地面に叩きつけるしかない。救われない物語は多々あるけど、これは救われなさすぎだと思うよ。

ノシ