読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣き言 in ライトノベル

ライトノベルの感想を真面目に不真面目に書きなぐるサイト

虚構推理 鋼人七瀬

嗚呼、なんと素晴らしき平城京……じゃなくて城平京

ちなみに名探偵に薔薇を、だっけ? は読んでない

個人的にはスパイラル、スパイラルアライブ以来の城平京の推理物である

初版が四年前でびっくりしている、このブログ本当に今更である

個人的にはそこまで推理物を推理しながら読まない(そもそも推理物はあまり読まないので物語の展開を予測しながら読まない)からかあの死亡フラグの回収は中々見事だったと思う、南無三

鋼人七瀬という都市伝説をいかにして無力化していくのか、という点にスポットが当てられているのだが、物語全体として流れている妖怪というテイストと現代世界という設定がうまく絡み合っていてよくできていたと思う

妖怪というのは基本的に民間伝承がベースで、あると思っていればあるという感じの存在であり鋼人七瀬はまさしくその点においては現代の妖怪といったところだろう

鋼人七瀬は存在するという現実に虚構を重ねて対抗していくスタイルはまさにタイトル通りと言ったところだが、続きは出ていないんですかね?

ノシ