読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣き言 in ライトノベル

ライトノベルの感想を真面目に不真面目に書きなぐるサイト

自殺するには向かない季節

どうしてこんなにニッチなジャンルを……

はっきり言って、売れそうにないよね? むしろラノベじゃなくてライト文芸辺りでだしてやれよと思う今日このごろ。さりとてとても面白かったので文句はない。自殺というか、存在意義とか生きる理由(死ぬ理由)を扱うライトノベルは多々あるけど、こうして自殺をすすめるラノベは珍しいんじゃないかな?

まあ、自殺する創作物で本当に自殺成功する例なんて……

自殺する作品のおおよそは人間関係が原因でそれをさも人間の生きる意味とか生きていたい理由がないからとか、あるいは自分が熱中できるものがないことをさも言い訳のように使っているのが大半なのである。

それでもこの作品が面白いのは、自殺というものを、少なくとも当人たちは冷静に、合理的に、理知的に考えていて、その上で悩み抜いて出した結論、自殺するという結末があるからだ。

いや、本当によかったよ。

ノシ