読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣き言 in ライトノベル

ライトノベルの感想を真面目に不真面目に書きなぐるサイト

オオカミさんとハッピーエンドのあとのおはなし

一瞬、悲しくなったけど、すぐに持ち直した。

何が悲しくなったかといえば、何というか、大神さんと亮士くんのいちゃこらがまったく受け付けなくて「俺も最近のラノベが好みじゃなくなってきたのか……」と暗い気持ちになったのですが、あれだ、この作者がいちゃらぶ書くのが下手、あるいは文体がそもそもイチャイチャに合ってないだけということに気づいたのだ。

全体的にはタイトル通りハッピーエンドのあとのおはなし、なんだけどそのハッピーエンドをよく覚えていないという悲しい事態、ちょこちょことフォローが入っているので、ああ、そういうこともありましたねええ、みたいな感じなのでわざわざ読み直す必要はないかな?

いや、本当にああ、オオカミさんだ、ってなるから素晴らしいぞ? 懐かしさでしめやかに爆散してるけど。

 ノシ

 

 

 

蒼の彼方のフォーリズム ダウンロード販売