読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣き言 in ライトノベル

ライトノベルの感想を真面目に不真面目に書きなぐるサイト

ニルヤの島

なんだかよくわからんが凄い。

民俗学SFとも言える本作のストーリーやら流れというのはあんまり覚えていない。具体的にどういう話だった? と問われると非常に答えに窮してしまうあたり、俺って本当に読者としてはダメ。

けれど、その面白さは折り紙つきである。気軽に言葉を使うのはよくないとは思うが、素晴らしい読後感であった。SFとしての積み重ね、民俗学としての積み重ね、作者の文章力としての積み重ね、全てが一斉にぶん殴ってきたような感覚はやはり、素晴らしいという言葉で評したくなる。

どうしてもっと早く出会わなかったのかと頭を抱えるレベル。民俗学とか、学んでみたくなる一冊。

ノシ