読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣き言 in ライトノベル

ライトノベルの感想を真面目に不真面目に書きなぐるサイト

やがて恋するヴィヴィ・レイン2

ガガガ文庫 読書感想

ワイ、ヒロインの存在を確信する。

そう、ジェミニです。

という冗談は置いておくとしても、あのときのジェミニは割と真面目にヒロインをしていたと思うのですよ。男だけど。しかし、まだまだ物語的には序章も序章。そのくせ物語的には破局しか見えないの、かなり辛い。というか、身の回りに女性が多い気がしてならない。

そういった点で誓約は野郎ばっかだったから凄い好きだった。ヴィヴィ・レインも好きだけど。というか、犬村小六のあざとすぎる設定が卑怯なので、もうどうにでもこうになーれみたいな感じ。いや、だって、俺今回の展開でこれは絶対にハッピーエンドを迎えると確信しましたから。

信じてるからな、犬村小六

ノシ