読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣き言 in ライトノベル

ライトノベルの感想を真面目に不真面目に書きなぐるサイト

僕は君を殺せない

これも長いこと積んでしまったなあ、と思いつつ。

結局一読した限りではな読解力のなさが響いて終盤まるでなんのことを話していたのか訳がわからなかった。ただ、あの場面まではとてもとてもよかった。どれくらい良かったかというとうぉぉぉぉって感じ。伝わらねえ。

ミステリというかサスペンスというか、こういう感じのお話は好きなんだけどどこかバックボーンがなくてちょっと寂しかった。何というか復讐の動機みたいなものが弱いなあと思ったわけよ。

二度読み必至とか、いや、うん、まあ、気が向いたらなって感じ。

ノシ