読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣き言 in ライトノベル

ライトノベルの感想を真面目に不真面目に書きなぐるサイト

楽園への清く正しき道程 国王様と楽園の花嫁たち

ファミ通文庫 読書感想

えっ……いや、まさか前巻のあの流れでももしやと思っていたけど、いやいやまさか流石に信じられない。

俺たちの青春は野村美月によって彩られていたというのに……

正直野村美月の売れないとか正直なところ信用ならんかったのだけれど、文学少女の時代と一体何が違うのか……宣伝? まあ、ファミ通だし……という悲しい事情を推察するのは置いておいて、今回もまた、非常に駆け足だったような気がします。いや、本当に悲しい。

やっぱりあれか? 最近の若い子の感性と野村美月は合わないのか? いや、ハーレムエンドって大抵の場合、ぐだぐだでなあなあで終わるからこれでよかった……いや野村美月ならもっとうまく書けるというかヒカルとかまさしくそれだった……もう色々と信じたくないというか信じられないというか。

とにかく、お疲れ様でしたと。

ノシ