読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣き言 in ライトノベル

ライトノベルの感想を真面目に不真面目に書きなぐるサイト

白蝶記3-どうやって獄を破り、どうすれば君が笑うのか-

ダッシュエックス文庫 読書感想

あれ、殺人の時効って何年だっけ?

いや、そもそも少年法で守られてるバーリアッ!

というわけで完結しました。こういうサスペンス系は区切りが早い早い。一巻の訳わからなさ、いや、衝撃の展開ってなんだよ、からよくぞまあ、ここまで持ち直したもんだよ、いや、面白かったんだけどね?

しかし、るーすぼーいは結構えげつねえなあ? ラノベでしかも超現実的な手段で、当時まだまだ若い少年にここまでやらせるとは、本当にえげつない。まあ、こうやって罪をずっと背負っていく展開は非常にいいといいますか、G線でのあの出所したときのCGを思い出すというか、あの格好つけて取り調べを受けたり、見舞い客がやってくる展開を思い出すってこれ神エロゲと名高い『G線上のなんちゃら』の話じゃないですか。

ともかく、幸せになってよかったよかったなのですが、やっぱりG線に比べると不満が募ったりはするわけですよ。もう少し盛り上げられなかったかなあと思ってしまうのはやっぱり打ち切りということになっているからなのでしょうか? 打ち切られてそうだもんなあ、こういうのあんまり受ける話ではないし。

ノシ