読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣き言 in ライトノベル

ライトノベルの感想を真面目に不真面目に書きなぐるサイト

機甲狩竜のファンタジア

富士見ファンタジア文庫 読書感想

でかい

いやもうそれがおっぱいが。何ならそれしか印象にないし、それぐらい大きいおっぱいでした。おっぱい! さて、あんまりおっぱいおっぱい言っててもおっぱいなのでおっぱい。

しかしこの企画、竜と戦車が戦うとか絵面としてはシュールリアリズム極めてしまっている感が半端ないな。お家芸的な(?)決闘とかもう極まりすぎててやばい。内容としては非常に文句なしなんだけど、どうして一体比村先生を起用したのか、完全にでかいにしか頭を支配されてないだけど?

そもそも比村先生の良いところ(と俺が思っているの)はフェティッシュなところで、若干犯罪臭漂うおっぱいであって、うーんという感じなんだよ。おっぱい大きいし。とはいえ、内容に関しては面白かったので、次以降も期待していこう。

ノシ