読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣き言 in ライトノベル

ライトノベルの感想を真面目に不真面目に書きなぐるサイト

小説の神様

講談社タイガ 角川書店

別に作家様なわけではないが、心が滅茶苦茶痛かった。

売れない作家と売れっ子作家の共作がメインの話だけど、何のための小説を書くのか、というテーマが痛いほどよく伝わってくる。

きっついきっつい創作活動をなぜやるのか。壁にぶちあたりながらも協力しながら前に進んでいく二人が凄くよかったと思うしこれぞ青春って感じだよね!

まあ、ちょっと主人公が卑屈すぎる感があるけれど、ヒロインが可愛いからその辺はどっこいどっこいってところ。

あと続きは出ますよね(震え声)

ノシ