読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣き言 in ライトノベル

ライトノベルの感想を真面目に不真面目に書きなぐるサイト

新約 とある魔術の禁書目録15

電撃文庫 読書感想

やっぱりこういう前までの内容を全部まとめて吐き出すっていう展開物凄く燃えるよね!

というわけで、今回は「そっちに行っちゃダメだ、御坂美琴」ということになります。いやマジで、本当に帰って来れなくなる前に(というかもう手遅れ?)戻ってきて美琴ちゃん……

というか、散々出てきた土御門は一体何なんだ……?

さて、今回のメインボスは去鳴かと思いきや、残念違いました~ってノリ。本当に禁書らしい、あっ、これネタバレになりますかね? いやまあ、大丈夫でしょう(適当)というか、禁書でここまで燃えたのは十巻以来かな~と、正確に言えば九巻あたりのノリが近いかな~みたいな。

そしてラスト。こういうの、僕はかなり弱いんですよ。別段、泣いてしまうってわけじゃない。最高のラストだったか? と聞かれればもっといいシーンはあったと思うんですよ。ただ、素晴らしいラスト。

ただ、素晴らしいラストであるが故に、上条さんと美琴と乖離が激しすぎて辛い。あんまりにも残酷に対比されている。まあ、だからこそ、美しいんですけどね?

ノシ