読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣き言 in ライトノベル

ライトノベルの感想を真面目に不真面目に書きなぐるサイト

とある飛空士への とある結末への軌跡7

めっちゃ間が空きましたね……

とある飛空士への夜想曲

今はなき、空の王ですよ!

 

「見事に騙された! 大したものだ、撃てないものだと思い込まされていた! まさか必中の距離まで引きつけるとは……大したタマだ、あれは大物だ」(千々石武夫)

これで一勝一敗ですが、非常に清々しい千々石はかなり待たされることになります。


「わたしも、この歌が好き。遠くの海へと旅立ってしまって、帰ってこない男の人をずっと待ってる女の人の歌」(吉岡ユキ)

この作品の全てを、象徴しております。


「馬鹿っ、アホっ、タケちゃんの馬鹿っ!」(吉岡ユキ)

これはユキは怒っていい。本気できれていい。


「いませ――ん。完全なるひとりぼっち! 事務所が鉄壁のバリケード、わたしの周りに設置してて。もう男なんか近づいただけで蜂の巣。今回のこれだって相当慎重に根回ししたんだよ、でないとこんなこと無理だもん」(吉岡ユキ)

ここの吉岡ユキさんとっても可愛いです。最高です。


「…………なにそれ。…………変なの」(吉岡ユキ)

この間、僅かに2ページ。


「貴様が空の王になるのだ」(ヴィルヘルム・バルドー)

バルドーは典型的な悪役ですが、仇役としては素晴らしい働きをしてくれたのではないでしょうか?

 

とある結末への軌跡6

ノシ