読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣き言 in ライトノベル

ライトノベルの感想を真面目に不真面目に書きなぐるサイト

とある飛空士への~ とある結末への軌跡6

ガガガ文庫 読書感想

めっちゃ泣いた

誓約読み終わった後だとより一層

とある飛空士への恋歌

「ふたりで。空の果てまで」(クレア・クルス)

行くことのできない逃避行。儚くて美しいですね


「何年かかるかわからないけど! 空の果てを見つけて! みんな無事に家に戻って! この旅が全部終わったら! ぼくはここに戻ってくるから! 君を奪い返しに、必ずいくから!」(カルエル・アルバス)

最終巻を読んだあとだと非常に心に来るものがあります


「必ず来い、バカ皇子。何年かかろうが、絶対に来い」(イグナシオ・アクシス

はい、ツンデレです。やっぱりいいやつです。


「カール・ラ・イールの名前を使って、ニナ・ヴィエントを奪い返す」(カルエル・アルバス)

格好いいですなあ、まさに主人公。一巻でのヘタレっぷりが懐かしい。

 

「――きみは自分自身よりクレアが大切なんだね。だから憎しみも捨てられたんだ。素晴らしいことだよ」(海猫)

皆大好き海猫さん。ありがとうございます。


「イスラ。ありがとう」(カルエル・アルバス)

読者からも言わせてもらう「イスラ。ありがとう!」


「ぼくはニナ・ヴィエントを愛している!」(カルエル・アルバス)

世界一幸せになってね!

 

とある結末への軌跡5

ノシ