読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣き言 in ライトノベル

ライトノベルの感想を真面目に不真面目に書きなぐるサイト

ようこそ実力至上主義の教室へ2

MF文庫J 読書感想

ジト目の堀北さんくっっっっそ可愛い

なんならあの顔を見るためだけに二巻があったといっても過言ではない

さて、須藤君が罠にハメられてそれを助けるという展開なんだけれど、なんだまたお前か!

堀北さんの言うとおり彼自身の弱さに漬け込まれて起こるべきして起こったというほかないのだが、少しは成長したと思いたい

っていうか、主人公の性能に対する期待値が青天井

そして佐倉さんの成長を描きたかったのはわかるがなんだろうこの宙ぶらりんな感覚なんだかんだ言いつつ佐倉さんの可愛さを見抜けなかったクラスメイトたちは無能はっきりわかんだね

ノシ