読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣き言 in ライトノベル

ライトノベルの感想を真面目に不真面目に書きなぐるサイト

明日、今日の君に逢えなくても

MF文庫J 読書感想

これ、読み進めていくうちに辛くなっていくやつや

最初は、はぁ~笑わせやがる、とんだクソ野郎だ!

なんて思わされたけどなんてことはないただのオムニバスだった

なぜキツくなっていくか、それは消えていった人格を積み重ねていくから、どれだけ高く積み上がろうとも逃げられない

必ず向き合わなければいけない

だから、これはよくある先の展開がわかったとしても感動してしまう、させられてしまう感じのお話

ただ、この系統の作品の最大の弱点は物語が軽くなってしまうこと

それでも十分に面白かったけれど

ノシ