読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣き言 in ライトノベル

ライトノベルの感想を真面目に不真面目に書きなぐるサイト

デート・ア・ライブ12五河ディザスター

誰だよ、このクソキザ野郎

こんなの士道くんじゃないやい!

アンコール商法にくそみたいな苛立ちを抱きつつも、ようやく出た新刊に心を躍らせながら読んでみればたどり着いたのはただのギャグ回でしたとさ

これまでとは全くの逆、士道くんが攻略されるパターンのコメディと言える内容はくそみたいな薄っぺらさがそこにありました

一巻くらいを使って攻略していたヒロインたちはなるほどと思える理由がありましたが、今回は短い周期で連続的に攻略が行われたためどうしても色仕掛け以上の何かを感じ取れなかった

七罪やら美九やら折紙やらが二巻かけて攻略されていたことを考えるとより一層顕著

それに士道くんがやったらキザなので彼自身の良さが完全に消えているし、ドキドキさせるってことが仕方なくドキドキしましたみたいなノリでリアリティ欠如も甚だしい

そしてまたもやアンコールの気配がするのでそろそろ見限ろうかなと思わされた

狂三ちゃんが出てくるなら話は別だけどね!

ノシ