読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣き言 in ライトノベル

ライトノベルの感想を真面目に不真面目に書きなぐるサイト

とある飛空士への誓約8

この記事は筆者のテンションのおかしさから多大なネタバレを含む可能性があります

犬村先生に対する複雑な感情が渦巻いて握った拳をどうすればいいのか、完全にわからなくなっている

まず一つ、誰もが己の信じた道を突き進んでいる

どういう言い方をすればいいのかは未だに整理がついていないけれど、多分最高傑作になることは間違いない

これまでのありとあらゆる伏線を拾い始め、これまでの作品群と完全に繋がり始めている

次巻で完結してしまうのが、非常に惜しいというか

ああ、納得とそんなふうに思えてしまうくらいに物語が進行していき、まんまと作者の狙いに乗せられてしまう

だけど、やっぱりこの作者を許すことはできない

だけど、それと同じくらいこの作者を賞賛したくなる

よくもまぁこの結末をきちんと書ききったものである

やばいやばいよ

だってこの展開、オールスターというかなんというかむしろチートなんじゃねってくらいに負ける気がしない

ノシ