読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣き言 in ライトノベル

ライトノベルの感想を真面目に不真面目に書きなぐるサイト

東京レイブンズ13 COUNT>DOWN

雌伏の時である――

やっぱり第二部は、夏目が主人公っぽい

なんつーか、春虎も変わっちゃったなぁというか、変わらざるを得なかったと言うべきか……決して幸せな変化ではなかったことは確かだけど

本格的な激突を前にして、大きな溜めの巻

言ってしまえばなんだけれど第一部の春虎ならばあんなことは絶対にしなかったと思うのね、絶対に

それは多少の誤差を前提として語るべきものなのかもしれないけれど、それをした春虎を読んでしまってちょっとだけ悲しくなった

この巻では結構な伏線が明かされたりして水面下でこそあれ、大きく物語が動いたんじゃないかなと

おう、早く次出せよこらなんて思ったり?

夏目が報われてくれないかなぁって切実に願ったり

ノシ