読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣き言 in ライトノベル

ライトノベルの感想を真面目に不真面目に書きなぐるサイト

俺の教室にハルヒはいない4

スニーカー文庫 読書感想

ああ、とうとうこの日が来てしまったのか……

この四巻のあとがきを読み終えたとき、胸に去来したのはそんな寂寥の想いだった……それほどこの作品が好きだったのだ

俺は、どこにでもいる普通の高校生

こんなモノローグがとっても良く似合う主人公がユウである……けれど、彼の周囲はとても賑やかになっていき、その”普通”という言葉がどんどん似つかわしくないと思うようになっていく

色々なことがあってユウくんの学園モノアレルギーにも一応の解決が提示されたが、本音を言わせてもらうならば、もう少し、欲を言えばもっともっとこの物語、ユウくんの周囲の人間模様を見ていたかった

そう、具体的にはマナミさんと付き合い始めるくらいには……

人気声優の彼女と一般人であるところのユウくんが結ばれるのはとても困難が伴いそうではあるけれど応援していきたい

というか、後日談のあれ、僕は凄くいいと思います

ノシ