読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣き言 in ライトノベル

ライトノベルの感想を真面目に不真面目に書きなぐるサイト

冴えない彼女の育てかた Girls Side

詩羽×英梨々の同人誌はまだですか?

今回は物語の裏側、とりわけて霞ヶ丘詩羽と澤村・スペンサー・英梨々という二人のクリエイターのお話になるわけですけれど、マジでこの二人の百合同人誌でないかなぁと

冴えない竜虎の相見えかた

言ってしまえば、二人の出会い

まだ恋するメトロノームが二巻までしか出てなくて一人の信者と仲良くやっていた頃の詩羽先輩と

倫也くんとの仲直りなんて程遠くオタクとしての物々の交換だけが残っていた英梨々の

暑苦しいオタクが繋いだ出会い

暑苦しいオタクが作ってしまった険悪な関係

互いが互いをリスペクトしつつ互いが互いをdisりあって必ずいいものを作り上げる関係……このときはまだ、幸せだったんだなぁ

そして竜虎は神に挑まん

このサブタイトルやばすぎうち

紅坂朱音さんマジで大きな子供ですわこれ

つーか、まさかの純粋培養お嬢様で加藤の姉説死亡

とりあえず、これに関して言ってしまうならば倫也くんが本当に、ほんっとにピエロでしかない

加えて、ちょっとだけ霞ヶ丘詩羽の底が見えてしまったのがショックだった

滑り台とか踏み台とか、まさにそういう表現が正しいんじゃないのかってくらいに霞詩子っていう文字書きの限界が出てしまった

もちろん、その壁をきちんと超えて欲しい

あのマジキチの予想をはるかに超えて素晴らしい作品を書いて欲しい

ただ、クリエイターとして霞詩子が柏木エリに勝てることは、分野が違うとはいえ、ないだなってそんなふうに思わされた

噛ませ犬でしかないのかもしれないことにショックだった

多分、詩羽先輩は優しすぎるから、クリエイターとしては強くても凄いけど、足りない紅坂朱音に付き人って言われてしまうんだろう

奇しくも自分の言ったことがブーメランみたいに返ってくることになるわけだ

とまぁ、なんだか寂しいことになってしまったけど、最後に明るいことでも言っておこう

それは霞ヶ丘先輩の新しい渾名

霞ヶ丘おかん

というのはどうだろか

いや、あのラストとかどう見ても包容力高すぎでしょやばい

あ、なしですか

どうもすいません

そして、やっぱり丸戸はすごいなぁと思うわけです

ノシ