読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣き言 in ライトノベル

ライトノベルの感想を真面目に不真面目に書きなぐるサイト

二度目の夏、二度と会えない君

ガガガ文庫 読書感想

いい青春ものだ

初めに言っておこう

この物語は確定した世界に進む物語である

たとえどんなに過程が変わったとしても結論は変わらない

結末は変えようがなく、逃れようのない決定事項なのである

決して誰かのためなどではなく、自分

自らのたったひとつだけの心残りのためだけに彼は行動する

この物語はあらかじめ決められた道を歩く物語だ

一本の道を思い浮かべて欲しい

その道の両側には桜が咲き誇り素晴らしい風景だといえる

これはそんな物語だ

あらかじめ綺麗な場所だとわかっている

そんな場所に”敢えて”、”わざわざ”、足を運ぶのがこの物語だ

だが、安心してほしい

この物語は、赤城大空が描くこの物語は、私たちの予想を超えた景色をみせてくれるはずだ

ノシ