読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣き言 in ライトノベル

ライトノベルの感想を真面目に不真面目に書きなぐるサイト

RINGADAWN-幽霊街と呪い笛吹き-

書きたかった感想シリーズ第二弾!

さて、一般的な封建制度下の貴族はどのようなイメージだろうか

重税圧政、放蕩生活、職務放棄、権力闘争

こんなところだろう

けれど、それは腐敗した政治である

本来の貴族の責務は民を導くことだ

本作の主人公は三人

イセリナ・フィーリア・ガラードル

カミナ・シュート・クルス

ノルン・アコース

貴族と貴族と騎士だ

物語は謎の幽霊街から始める

幽霊街には人がいない、幽霊街には近づいていけない、幽霊街が伝染する

そんな御伽噺のようなことが実際に起きたことが発端となる

幽霊街に関する調査行が始まり、その影で巨大な陰謀が巻き起こる

そして、物語をたたむのは呪い笛吹きだ

概要はこんなものだ

彼も彼女も願いをかけている

か細く伸びる儚い、儚い願いだ

そしてノルン・アコースは騎士官として付き従う

羽根という名を冠する彼女は剣を振るう

街から人が消える幽霊街、その背後で渦巻く謀略、そして三人の行き着く先には何があるのだろうか

彼らの進むべき道を見守って頂ければ、幸いだ

ノシ