泣き言 in ライトノベル

ライトノベルの感想を真面目に不真面目に書きなぐるサイト

恋するメトロノームを作ろう-キャラクター編-

直人の情報が全くなくてヤバすぎ

北条沙由佳

ビジュアルは清楚系メインヒロイン。実は黒い、意地っ張り、執念深い。安易にヤンデレに落ない。ぎりぎりのところでぽきりと折れる。直人をいたたまれなくさせる。

沙由佳は「直人は自分といると傷つく」「諦めることこそがプライド」「他の女の子よりもはるかに大きく厄介なプライドが」「直人が輝いていないと許せない」「自分が直人を輝かせられないのに側にいることなんか許さない」

以下、自分の萌える霞ヶ丘詩羽(おい)の羅列

・ラブホテル入ろうぜ!からのはやくここでようの手を引っ張るにきゅんしてる詩羽可愛い可愛い

・わざわざ動きにくい服着ての、倫理、どうしてそんな服着てきたのさ。似合ってなかったかしら?可愛いよ詩羽可愛い

・この景色倫也くんと見たかったのからの景色撮り始める倫理くんにムッとする詩羽可愛い

・え、私の書いた恋メト買ってもらえるのどきどきな詩羽可愛い

直人(妄想

・沙由佳の直人を輝かせられない自分を許せない→直人は普段はあまり冴えないかもしれないけれど、やるときにはやるタイプ?

・作家としての経験が豊富ではなかった霞詩子ならありきたりな主人公になる?

・直人「俺、行かなくちゃ……」

・沙由佳「ごめんね、直人くん」

・直人「なんで沙由佳が謝るんだよ」

・沙由佳「泣いてすがれる女の子になれなくて、ごめんね。恋よりも夢を選んでしまってごめんね」

・直人「さよなら」

・沙由佳「っ……! なのに、ずっと好きでいてごめんね」